文字サイズ:標準拡大
背景色:標準
メールでのお問合せはこちら

1カ月(同じ月内)の医療費の自己負担額が下表の限度額を超えた場合、申請のうえ認められると、限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。
支給の対象となった場合は、申請のご案内をお送りします。お住まいの市町村の担当窓口に申請してください。

※一度申請すると、2回目以降は同じ口座に継続して振り込まれます。

自己負担限度額(月額)

所得区分 外来(個人単位) 外来+入院(世帯単位)
現役所得者並みⅢ 252,600円+(医療費-842,000円)× 1%
(140.100円)※1
現役所得者並みⅡ 167,400円+(医療費-558,000円)× 1%
(93,100円)※1
現役所得者並みⅠ  80,100円+(医療費-267,00円)× 1%
(44,400円)※1
一般 18,000円
(年間上限)144,000円 ※2
57,600円
(44,400円)※1
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 15,000
  1. (  )内の金額は、過去12カ月以内に外来+入院の限度額を超えた支給が4回以上あった場合、4回目以降に適用されます。
  2. 外来(個人単位)について、自己負担額が年間(8月~翌年7月)の上限額を超えた場合についても、高額療養費として支給されます。
    月の途中で75歳に達して後期高齢者医療制度に加入する方は、75歳になった月に限り、「加入前の医療保険」と「加入する後期高齢者医療」の自己負担限度額が、それぞれ2分の1になります(1日が誕生日の方は除きます)。